• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[接尾]助数詞。
  1. 紙・板・皿などの薄く平たいものを数えるのに用いる。「二、三―の紙」

  1. 原稿用紙の数を数えるのに用いる。ふつう400字詰めの原稿用紙を単位として数える。「五―ほどの随筆」

  1. 魚を数えるのに用いる。「ヘラブナを三―釣り上げる」

  1. 相撲で、その階級の人数を数えるのに用いる。「幕内を二―ふやす」

  1. 相撲の番付で、席次を数えるのに用いる。「三―上がる」

  1. 田や畑などの一区画を数えるのに用いる。「田一―を植える」

  1. 浄瑠璃・長唄で、太夫や唄方の人数を数えるのに用いる。「二挺 (ちょう) 三―」

  1. 近世の大判金・丁銀や近代の貨幣・銀貨など、貨幣の数を数えるのに用いる。「銀三拾―」

  1. 駕籠舁 (かごかき) の人数を数えるのに用いる。

    1. 「大坂より四―肩は二十四匁の定まり」〈浮・諸艶大鑑・六〉