1. 木や竹などの細い材で、器具・建具などの縁 (ふち) にしたもの。かまち。「眼鏡の―」「窓―」

  1. 物の周囲をふちどる線。また、境などを示すため、四方を取り囲むもの。「答えを―で囲む」「黒い―の死亡記事」

  1. コンクリートなどを流し込んで形を作る箱形の板。パネル。

  1. ある制限の範囲。限界。「予算の―を超える」「採用の―を広げる」「―にはまった生き方」

  1. (ふつう「籰」「篗」と書く)糸を巻く道具。同じ長さの2本または4本の木を対にして並べ、横木で支えて固定し、中心部に軸をつけて回転するようにしたもの。

[補説]「枠」は国字。