• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

凶事・火事のような非常の場合、冠の纓 (えい) を巻いて、白木の挟み木で留めること。

「直衣 (なほし) に―にて供奉 (ぐぶ) せらる」〈平治・上〉