1. 液体などが部分的にしみついて汚れること。また、その汚れ。「インクの染み」「洋服の染みを抜く」

  1. なかなか消えない過去のいやな記憶。また、消してしまいたいと思う不名誉な点。汚点。「心の染み」「経歴に染みがつく」

  1. 顔などに生じる、褐色の色素沈着。肝斑 (かんぱん) 。

出典:青空文庫