• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 寺院などの柱に描かれた絵。

  1. 浮世絵版画、特に錦絵で、横12~13センチ、縦約70センチの判型のもの。柱に掛けて装飾とする。鳥居清長などが多く描いた。柱隠し。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉