• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長崎地方で、暮れの餅つきのときに、最後の一臼 (うす) の餅を家の柱に打ちつけておき、正月15日、左義長 (さぎちょう) の火にあぶって食べる風習。