1. リュウテンサザエ科の巻き貝。北海道南部から南の暖流の影響を受ける岩礁に分布。貝殻は殻高約10センチで厚く、こぶし状をなし、太いとげのような突起をもつものが多い。肉は壺焼きなどで賞味され、春から初夏が旬。さざい。さだえ。 春》「海凪 (な) げるしづかさに焼く―かな/蛇笏

  1. 茶道具の七種蓋置 (しちしゅふたおき) の一。サザエの形をしたもの。