• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。主人の命令で栗を焼いていた太郎冠者が、みな食べてしまい、苦しまぎれに竈 (かまど) の神に進上したといってごまかす。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉