福井県今立郡池田町付近から岐阜県の根尾谷を経て関市付近に達する断層。明治24年(1891)の濃尾地震で総延長約80キロにわたり変位を生じた。本巣 (もとす) 市根尾水鳥 (みどり) の断層崖は落差6メートル、横ずれ2メートルあり、特別天然記念物

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉