• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

有機化合物の合成にパラジウム触媒として用いるクロスカップリング反応の一。化学反応のある段階において、亜鉛を含む有機金属化合物が一時的に接着剤に似た役割を担い、さまざまな有機化合物の炭素どうしを選択的に結びつける。昭和52年(1977)に根岸英一らにより発見。平成22年(2010)、根岸は同業績により、鈴木章ヘックとともにノーベル化学賞を受賞した。根岸クロスカップリング反応。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉