[名・形動]

  1. そろばんの桁を違えること。数の位取りを間違えること。

  1. 価値や規模などが、他と比較にならないこと。また、そのさま。桁はずれ。「あの横綱は桁違いな(の)強さだ」

出典:青空文庫

出典:gooニュース