1. 将棋の駒の一。1間 (けん) 隔てた斜め前方の左右に飛び進める。成ると金将と同じ働きをする。桂。

  1. 囲碁で、自分の石から1間または2間隔てて斜めに石を打つこと。また、その手。1間のときを小桂馬、2間のときを大桂馬という。