• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桃園結義の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

中国の小説『三国志演義さんごくしえんぎ』の中で、主人公の劉備玄徳りゅうびげんとく関羽かんう張飛ちょうひの三英雄が、張飛の家の桃畑で義兄弟の契りを結んだこと。のちに、義兄弟の契りとも呼ばれ、力を合わせて事にあたることを意味するようになった。▽「桃園とうえんに義を結むすぶ」と訓読する。
出典
『三国志演義さんごくしえんぎ』一
句例
桃園結義の友情