• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《桃の実の尻(実際は頭)が、とがっていてすわりの悪いところから》

  1. 馬に乗るのがへたで、尻が鞍の上に安定しないこと。

    1. 「―にて落ちなんは、心憂かるべし」〈徒然・一八八〉

  1. 尻の落ち着かないこと。

    1. 「日々に港口へ催促しつつ、―してぞ居たりける」〈読・近世説美少年録・二〉

[補説]近年、本来の意味から外れ、丸く張りのある尻を「桃尻」ということが多くなっている。