《「かがし」とも》

  1. 竹やわらで作った人形。蓑 (みの) や笠をつけて田畑に立て、人に見せかけて鳥などが作物を荒らすのを防ぐ。もと、鳥獣がその臭気を嫌って近づかぬよう、獣肉や毛髪などを焼いて竹などに付け立てたもの。「かがせるもの」の意で、「かがし(かがせ)」といったところからいう。おどし。かがせ。 秋》「倒れたる―の顔の上に天/三鬼

  1. 地位・外見ばかりよくて、それ相応の能力のない者。見かけ倒し。

    1. 「私は―で来たので、向うの申出を信じて従う他はなかったのであります」〈滝井無限抱擁

出典:青空文庫