1. アブラギリの種子から得られる赤黄色の油。乾燥が速く、耐水性がある。日本では古くから桐油紙番傘などに使用。きりあぶら。

  1. 桐油紙 (がみ) 」「桐油ガッパ」の略。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫