• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鈴木三重吉の小説。幼くして父を亡くした女性の不運な人生を叙情的に描く。大正2年(1913)国民新聞に連載、大正3年(1914)刊行。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉