• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桑弧蓬矢の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

桑でできた弓と、よもぎでできた矢のこと。男子が志を立てるたとえ。また、その遠大な志のたとえ。▽「弧」は弓。古代中国の諸侯は、男児が生まれると「桑弧」で「蓬矢」を天地四方に向けて射て、将来世の中に大きく羽ばたいてほしいと願ったことから。
出典
『礼記らいき』射義しゃぎ
類語
桑蓬之志そうほうのこころざし

桑弧蓬矢の解説 - 学研 四字辞典熟語

男子が遠大な志を立てて、大きく雄飛すること。桑で作った弓と蓬よもぎの矢という意から。
注記
「弧」は、弓。昔、中国で男の子が生まれると、桑の弓で蓬の矢を天地と四方に放って、将来を祝福したことから。
出典
『礼記らいき』射義しゃぎ

桑弧蓬矢の解説 - 小学館 大辞泉

《男子が生まれたとき、桑の木で作った弓と蓬 (よもぎ) の矢で天地四方を射て、将来の雄飛を祝ったという「礼記」射義にみえる中国古代の風習から》男子が志を立てること。

[人生の節目で/門出・旅立ち/門出]カテゴリの四字熟語

キーワード[志]の四字熟語