箏曲 (そうきょく) 。文化年間(1804~1818)ごろに山田検校が作曲。越前家の姫君の作詞という。花見の情景を表現したもの。
長唄。安政年間(1854~1860)に2世芳村孝次郎または10世杵屋六左衛門が作曲。江戸の花見気分をうたう。
  1. 山野に桜の花を求めて遊び歩くこと。花見。 春》「業平 (なりひら) の墓もたづねて―/素十

  1. 鷹狩りの異称。皇室の遊猟地であった交野 (かたの) が桜の名所でもあったところからいう。

[補説]曲名別項。→桜狩

出典:青空文庫