モチノキ科の落葉低木。山地に自生。葉はに似て、葉脈上に毛が密生する。雌雄異株。6月ごろ、淡紫色の花をつける。小さな実は熟すと赤く、落葉後も残るので雌木は庭によく植えられる。実の白いものをシロミノウメモドキ、黄色いものをキミノウメモドキという。 秋》「折くるる心こぼさじ―/蕪村

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語