1. アカネ科の常緑低木。暖地に自生し、高さ約2メートル。葉は長楕円形でつやがある。夏、香りの高い白い花を開く。果実は熟すと黄赤色になり、染料とするほか、漢方では山梔子 (さんしし) といい消炎・利尿剤などに用いる。名は、果実が熟しても口を開かないことによる。庭木にする。 花=夏 実=秋》「今朝咲きし―の又白きこと/立子

  1. 梔子色」の略。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

[秋/植物]の季語