(梵)Brahmanの訳。「ぼんでん」とも》

古代インドで世界の創造主、宇宙の根源とされたブラフマンを神格化したもの。仏教に取り入れられて仏法護持の神となった。色界の初禅天の王。十二天・八方天の一。ふつう本尊の左に侍立する形で表され、右の帝釈天 (たいしゃくてん) と相対する。梵天王 (ぼんてんのう) 。大梵天王。
《「梵土天竺 (ぼんどてんじく) 」の略》インドの異称。
  1. 仏語。色界の初禅天。大梵天・梵輔天・梵衆天の三天からなり、特に大梵天をさす。淫欲を離れた清浄な天。

  1. 修験者が祈祷に用いる幣束 (へいそく) 

  1. 大形の御幣の一。長い竹や棒の先に、厚い和紙や白布を取り付けたもの。神の依代 (よりしろ) を示す。 新年》

  1. 棒の先に幣束を何本もさしたもの。魔除けとして軒などにさした。

  1. 延縄 (はえなわ) 刺し網などの所在を示す目印とする浮標のこと。

  1. 梵天瓜」の略。

  1. 耳かきの端についている、球状にした羽毛。細かな耳あかを払うためのもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[新年/行事]の季語