• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

梵灯の解説 - 小学館 大辞泉

[1349~?]室町前期の連歌師。出雲の人。俗名、朝山師綱 (もろつな) 。足利義満に仕えたが、出家して各地を遊歴。連歌を二条良基に学び、その没後は連歌界の重鎮となった。著「梵灯庵袖下集」「梵灯連歌合 (れんがあわせ) 」「梵灯庵主返答書」など。梵灯庵。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉