1. カジノキの葉。昔、七夕の祭りに、歌などをこの葉7枚に書いて手向ける風習があった。 秋》「―を朗詠集のしをりかな/蕪村

    1. 「天の川と渡る舟の―に思ふことをも書き付くるかな」〈後拾遺・秋上〉

  1. 文様の名。また、紋所の名。1をかたどったもので、種類が多い。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[秋/行事]の季語