• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

梶井基次郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1901~1932]小説家。大阪の生まれ。胸を病みながらも冷静に自己を凝視し、鋭敏な感覚的表現で珠玉の短編を残した。「檸檬 (れもん) 」「城のある町にて」「冬の蠅」など。

梶井基次郎の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
大阪府大阪市
生年月日
1901年2月17日 みずがめ座
没年月日
1932年3月24日(享年31歳)