• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

七夕 (たなばた) に行う蹴鞠 (けまり) の行事。近世は、飛鳥井 (あすかい) ・難波両流の主催。門人の代表がカジノキの枝に鞠をかけて坪の内(中庭)に持参し、牽牛 (けんぎゅう) 織女の二星を祭ったもの。梶の鞠。七夕の鞠。 秋》