• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
狂言。主人が、留守中に酒を盗み飲みする太郎冠者の両手首を棒に縛りつけ、次郎冠者を後ろ手に縛って外出すると、二人は縛られたまま工夫して酒を飲み、うたい舞う。
(棒しばり)歌舞伎舞踊。長唄。岡村柿紅作詞。大正5年(1916)東京市村座初演。をもとにした松羽目 (まつばめ) 物

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉