• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世、家屋の棟数別に賦課された税。初めは寺社や朝廷の修造のために臨時に課されたが、室町中期以後はしだいに定期的なものになった。また、大名や荘園領主にも領内で課する者があった。むなべつせん。むねべちせん。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉