• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

椎名麟三の解説 - 小学館 大辞泉

[1911~1973]小説家。兵庫の生まれ。本名、大坪昇。小説「深夜の酒宴」により、戦後派作家として認められた。実存主義的作風を示し、のちキリスト教に入信。他に「永遠なる序章」「自由の彼方で」「美しい女」など。

椎名麟三の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
兵庫県
生年月日
1911年10月1日 てんびん座
没年月日
1973年3月28日(享年61歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉