• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世の裁判制度で、謀反・強盗・殺害・放火・刈田狼藉 (ろうぜき) など、刑事事件を扱うこと。また、その裁定に基づく処置。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉