鎌倉・室町時代、荘園領主や国司が、所領の年貢徴収の基準を定めるために、検注使を遣わして田畑の面積や作物の出来ぐあいなどを調査させたこと。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉