• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 物事を実際に検査すること。また、その役。

  1. 中世、事件の監察のためなどに派遣された臨時の職。

  1. けみ(検見)2」に同じ。

  1. 犬追物 (いぬおうもの) で、射手の射方、馬の扱い方、矢の当たり外れなどを検査した役。

  1. 敵のようすなどを探ること。また、その人。物見 (ものみ) 。斥候。

    1. 「京勢も―の勢も一つになり」〈浄・吉野忠信〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉