• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大乗経典。漢訳は求那跋陀羅 (ぐなばつだら) ・菩提流支 (ぼだいるし) ・実叉難陀 (じっしゃなんだ) による三種が現存。如来蔵思想と阿頼耶識 (あらやしき) 思想とが交流したインド後期の大乗仏教思想を表す。禅宗で重んじる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉