• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

相撲のきまり手の一。相手の差し手の関節を、かんぬき・片かんぬき・なた泉川 (いずみがわ) などできめて寄り進み、土俵外に出す技。