1. 江戸時代、金・銀貨や器物などの品質の保証、偽造の防止などのために打つ印。

  1. 動かしがたい証拠・証明。刻印。