• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

極地や高緯度地域で、成層圏の高度20キロメートル付近に現れる特殊な雲。セ氏零下80度程度まで気温が下がり、大気中の水蒸気・硝酸硫酸などが凝結することによって形成される。通常の雲よりも高い空にできるため、日出前や日没後も太陽光があたり、虹色に輝いて見える。極域成層圏雲。極成層雲。真珠母雲 (しんじゅぼぐも) 。真珠雲。PSC(polar stratospheric cloud)。

[補説]極成層圏雲を形成する雲粒は、オゾンを破壊する塩素原子を放出しやすい塩素化合物を蓄積するなど、オゾン層の破壊に深く関与していると考えられている。