1. (梵)Sukhāvatīの訳》仏語。阿弥陀仏の浄土。西方十万億土のかなたにあり、広大無辺にして諸事が円満具足し、苦患 (くげん) のない、この上なく安楽な世界。浄土教の理想とする仏の国で、念仏を唱えれば、阿弥陀仏の本願力によってこの浄土に往生するという。西方浄土。極楽安養浄土。極楽界。極楽浄土。

  1. 安楽でなんの心配もない状態や境遇。また、そういう場所。「この世の極楽を味わう」⇔地獄

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース