1. 手捏 (てづく) ねで成形し、低火度で焼いた軟質の陶器。天正年間(1573~1592)京都の長次郎千利休の指導で創始。赤楽・黒楽・白楽などがある。2代常慶が豊臣秀吉から「楽」の字の印を下賜されて楽を家号として以降、楽家正統とその傍流に分かれ、前者を本窯、後者を脇窯という。聚楽 (じゅらく) 焼き。楽。

  1. 一般に、素人が趣味などで作る、低火度で焼いた陶器。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫