• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世スコラ学における普遍をめぐる実念論唯名論の論争を調停する立場。普遍は、個物を貫いている共通の本質が心に思い浮かべられて形成された概念であると主張された。代表者はアベラール

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉