ニレ科の落葉高木。高さ20メートルに達する。葉は非相称の卵円形。初夏、淡黄色の雌花と雄花をつけ、秋に橙 (だいだい) 色で小豆大の甘い実を結ぶ。材は器具・薪炭用。江戸時代には街道の一里塚に植えられた。え。 花=夏 実=秋》「懸巣 (かけす) 鳴いて―の花をこぼしけり/句仏