• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

槁木死灰の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

身も心も生気がまったくなく、何の働きもしないたとえ。無欲で無心なさま。▽「槁木」は枯れ木。からだが枯れ木のように静止して不動なことの形容。「死灰」は燃え尽きて、火の気のない灰。心が火の気のない灰のように無心なことの形容。いずれも生気や活気のないさま。
出典
『荘子そうじ』斉物論せいぶつろん
用例
哲也は色一つ動かさず、冷然として槁木死灰の如ごとくなるのを見ると<二葉亭四迷・其面影>
類語
枯木寒巌こぼくかんがん 枯木死灰こぼくしかい 枯木冷灰こぼくれいかい

槁木死灰の解説 - 学研 四字辞典熟語

からだも心も衰えて、まったく生気のないさま。
注記
「槁木」は、枯れ木。「死灰」は、冷えきった灰。からだが枯れ木のように堅く、心が冷えきった灰のように冷たく活気がないさまから。
出典
『荘子そうじ』斉物論せいぶつろん

槁木死灰の解説 - 小学館 大辞泉

《「荘子」斉物論から》肉体は枯れた木のようであり、心は冷たい灰のようであること。心身に生気・活力・意欲などのないことのたとえ。

[元気・健康を表す/元気がない]カテゴリの四字熟語

キーワード[栄枯盛衰]の四字熟語

キーワード[気力・元気]の四字熟語