• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. まちがいなく。本当に。必ず。

    1. 「何の苦も無く暮したりしは、―我の辛抱強きにはあらざりしなり」〈紅葉・不言不語〉

  1. (あとに打消しの語を伴って用いる)決して。

    1. 「―実家 (さと) を背負うて先方 (さき) へ行き玉 (たま) うな」〈蘆花不如帰

  1. よく心にかけて。用心して。

    1. 「人は唯 (ただ) 歌を―詠むべしと見えたり」〈宇治拾遺・三〉