• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 独占資本主義体制を議会主義の枠内で段階的に変革することによって、根本的な社会改革を実現しようとする考え方。第二次大戦後にイタリア共産党トリアッティが提起した政治理論。→構造改革論

  1. 社会が直面している問題を改善するために、政治・社会制度や産業構造などの抜本的な改革を推し進めること。日本では、小泉純一郎政権(平成13年4月~平成18年9月)が「構造改革なくして景気回復なし」「聖域なき構造改革」などのスローガンを掲げて断行した郵政民営化三位一体改革・医療制度改革などの一連の新自由主義的な施策を指すことが多い。

[社会/政治]カテゴリの言葉

出典:gooニュース