• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

樟脳を燃やした青い火。近世の歌舞伎で、狐火 (きつねび) や人魂 (ひとだま) などに用いた。