1. 織物・染め物・工芸品などに装飾として施す種々の絵や形。また、ものの表面にあらわれた図形。文 (あや) 。文様。「美しい模様の木目」「幾何学的な模様」

  1. 物事のありさま。ようすや経過。「現場から事件の模様をお伝えします」

  1. 現時点で推測される状況。「列車は遅れる模様だ」

  1. 手本。模範。

    1. 「そもそも禅宗の―とするところは宋朝の行儀」〈太平記・二四〉

  1. 身ぶり。所作。

    1. 「若衆に茶のたてやうを教ゆべしと、自ら茶をたつる―をなして」〈驢鞍橋・下〉

  1. 名詞の下に付いて、それらしいようすであることを表す。「雨模様」「荒れ模様」

出典:青空文庫

出典:gooニュース