• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《模様が樫鳥の羽毛の配色に似ているところから》鎧 (よろい) のの一。白、薄縹 (うすはなだ) 、紺の緂 (だん) 矢筈 (やはず) に打った平組みの緒を用いた威。かんどりおどし。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉