• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

樽俎折衝の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

宴会でなごやかに交渉し、うまく話を運ぶこと。▽「樽」は酒だる、「俎」は肉料理をのせる台。転じて、「樽俎」は宴会のごちそうのこと。「折衝」は攻めてくる敵の勢いをくじくこと。「樽」は「尊」とも書く。
出典
『晏子春秋あんししゅんじゅう』雑ざつ
句例
樽俎折衝の努力をする、樽俎折衝して交渉を成功に導く
用例
一人で樽俎折衝の役目を引受けた母の骨折は、並たいていの事ではなかったのである。<徳富蘆花・思出の記>
類語
樽俎之間そんそのかん
活用形
〈―スル〉
故事
中国春秋時代、晋しんの平公は斉せいを攻めようとして、まず范昭はんしょうに斉の様子をうかがいに行かせた。そこで斉の景公は晏子あんしの策通り范昭を宴席に招きもてなし、戦争を回避した故事から。

樽俎折衝の解説 - 学研 四字熟語辞典

酒席を設けて、なごやかに交渉すること。武力を用いずに外交上のかけひきをすること。宴席外交。
注記
「樽俎」は、酒樽と肉を載せる料理台。転じて、宴席。「折衝」は、交渉・かけひき。
故事
中国春秋時代、斉せいの景公けいこうは、ようすをうかがいに来た、晋しんの范昭はんしょうを、晏子あんしの進言通りに、宴会を設けてもてなし、戦争を回避した。
出典
『晏子春秋あんししゅんじゅう』内・雑上
用例
蒲田弁理公使が宜よろしく樽俎の間を折衝して、遊佐家を泰山の安きに置いて見せる。〈尾崎紅葉・金色夜叉〉

樽俎折衝の解説 - 小学館 大辞泉

宴席のなごやかな談笑のうちに話し合いを進め、交渉を有利に展開させること。外交上のかけひき。

キーワード[外交]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。