北海道南西部、支笏 (しこつ) 湖の南東、苫小牧市と千歳市との境にある火山。標高1041メートル。明治42年(1909)の大爆発で火口丘に高さ約130メートルの溶岩円頂丘が一夜で再生した。

[地理/日本地名/北海道]カテゴリの言葉