• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

住井すゑの長編小説。全7部。第1部は、昭和34年(1959)から昭和35年(1960)にかけて部落問題研究所の機関紙「部落」に連載されたのち、昭和36年(1961)刊行。以後は書き下ろしで第7部は平成4年(1992)に刊行。被差別部落を舞台に、理不尽な差別の実態と、開放を求める人々の生きざまが描かれる。今井正監督、東陽一監督によりそれぞれ映画化。