1. 動力を受けて、目的に応じた一定の運動・仕事をするもの。

  1. 実験・測定・運動競技などに使う装置・道具。

  1. 自分の意思を失ったように、指令どおりに動いたり、物事を繰り返したりすること。

[補説]「工作機械」「包装機械」のように、動力を用いて操作する装置(マシン)を「機械」、「測定器械」「光学器械」のように、人間が直接動かし、比較的小型で小規模な装置や道具(インストルメント)を「器械」と使い分けることが多い。
書名別項。→機械

横光利一の小説。昭和5年(1930)発表。心理主義的手法が高く評価された。

出典:gooニュース

出典:青空文庫